ニュース

Assisting Decision-Making on Age of Neutering for 35 Breeds of Dogs: Associated Joint Disorders, Cancers, and Urinary Incontinence

35犬種の不妊化手術適齢期の決定を支援するために:関節疾患、がん、尿失禁に関連して


藍瑠さんはボーダー・コリーなので、35犬種の中に含まれています。
一例として取り上げてみましょう。

Border Collie The study population was 105 intact males, 85 neutered males, 88 intact females, and 121 spayed females for a total of 399 cases. In this sample 2–3% of intact males and females were diagnosed with one or more joint disorders, and neutering males and females was not associated with any evident increased risk in joint disorders. The occurrence of one or more of the cancers followed in intact males was 2 percent and none for females left intact. For males, there was a significant increased risk in one or more of the cancers to 13 percent with neutering at 6–11 mo. (p <0.05), and for females there was a significant increase in the cancers to 11 percent with spaying at 6–11 mo. (p <0.01). The occurrence of MC in intact females was just 1 percent, and for PYO, 4 percent. UI was reported in just one spayed female. The suggested guideline for neutering, given the significant risk of cancers, is holding off neutering of both sexes until beyond a year of age.Assisting Decision-Making on Age of Neutering for 35 Breeds of Dogs: Associated Joint Disorders, Cancers, and Urinary Incontinence

いぬらぼは英語が堪能なわけではないので、翻訳ツールのお世話になります。

■Google翻訳
ボーダーコリー
研究対象集団は、無傷の男性105人、去勢された男性85人、無傷の女性88人、避妊された女性121人で、合計399例でした。 このサンプルでは、無傷の男性と女性の2〜3%が1つ以上の関節疾患と診断され、男性と女性の避妊去勢は、関節疾患のリスクの明らかな増加とは関連していませんでした。 無傷の男性で追跡された1つ以上のがんの発生率は2%で、無傷の女性では発生しませんでした。 男性の場合、1つ以上の癌でリスクが有意に増加し、6〜11か月で避妊去勢手術を行うと13%になりました。 (p <0.05)、そして女性では、6〜11カ月の避妊で癌が11%に有意に増加しました。 (p <0.01)。 無傷の女性におけるMCの発生はわずか1%であり、PYOについては4%でした。 UIは、卵巣摘出された1人の女性でのみ報告されました。 がんのリスクが高いことを考慮して、避妊に関する推奨ガイドラインでは、1歳を超えるまで両性の避妊を禁止しています。

■DeepL
ボーダーコリー
研究集団は、無傷のオス105例、去勢されたオス85例、無傷のメス88例、去勢されたメス121例の合計399例であった。このサンプルでは、無傷の雄と雌の2~3%が1つ以上の関節疾患を有しており、去勢した雄と雌は、関節疾患における明らかなリスク増加とは関連していませんでした。無傷の雄でフォローされた1つ以上のがんの発生は2%であり、無傷のままの雌では1つもなかった。男性では、6~11ヶ月の去勢手術で1つ以上の癌のリスクが13%にまで有意に増加した(p<0.05)。(p <0.05)、雌では、6~11ヶ月での去勢で11%にまで癌のリスクが有意に増加した(p <0.01)。(p <0.01). 無傷の雌でのMCの発生はわずか1%で、PYOでは4%であった。UIは、わずか1頭の去勢雌で報告されています。癌の重大なリスクを考えると、去勢手術のガイドラインは、1歳以上になるまで男女とも去勢手術を控えることを提案しています。

Google翻訳もかなり実用的になってきました。
昔日のユニークな翻訳が懐かしく感じられます。
DeepLは一般的には自然な翻訳になるので高い評価を得ていますが、この訳文では語尾が統一されておらずかなりモヤっとします。
どちらも意味は十二分に通じるので、ありがたく拝読し内容の理解につとめさせていただきたいと思います。

乳腺癌(MC)子宮蓄膿症(PYO)尿失禁(UI) 関節疾患(HD、ED、CCL)、椎間板障害(IDD) 癌(LSA、HSA、MCT、OSA、MC)

個体の肉体的精神的ポテンシャル、潜在的疾患、個々の飼育環境などを全て網羅しているものではないということには留意する必要があるでしょう。
今後サンプル数が増えれば結果が変わってくることもあり得ます。
不妊化手術にはメリットもあればデメリットもあるので、それらを含めた上で意思決定のための一助にはなるでしょう。