infoトレーニング余談藍瑠

光陰如箭日和

本日、7月31日の藍瑠地方はくもり一時晴れ。
最低気温23度、最高気温は29度。
日中の湿度は60%台で、気温の割には比較的過ごしやすい1日でした。

月はじめにも似たようなこと書いてますが…
光陰如箭!(光陰矢の如し!)
1ヶ月が1週間くらいにしか感じられないです。
どうしようもないのですが、どうしたものでしょう?w

さて、マットとフットヘルスボールの位置関係がプロンプト(行動を誘発する刺激)になってしまったので、プロンプトの消去と般化のためのトレーニングをおこないました。
ボール2つ半ほど下げても前肢をのせられるようになりましたが、左右に場所を変えるとのれなくなるので引き続きのトレーニングが必要ですね。
そのうち、敷いているマットのサイズを変えたり素材を変えたりなくしたりなどして、状況に関係なく前肢を一段高いところにのせられるようにしていきます。
オペラント条件付け、古典的条件付け、フィジカルコンディションの3つの側面から、先に進めるための手立てを組み立てます。

後肢側も引き続きでトレーニング。
昨日より高さが2.5倍くらいになりましたw
段階的に段の高さを高くしていますが、こちらはいい感じに理解が進んでいるようです。

余談ですが、寿命に関係すると言われるテロメアの減少スピードが、犬は人の10倍ほどにもなるそうです。(平均寿命との相関関係もあるようです)
人換算による犬の年齢で得られる感覚以上に、DNAレベルで捉えると日々猛烈なスピードで生を駆け抜けていることがわかります。
ストレスによっても短くなる可能性があるのだとか。
愛犬とのかけがえのない日々を大切にしていきたいものですね。