infoトレーニング余談影響

期待日和

本日、7月29日の藍瑠地方はくもり時々雨。
最低気温22度、最高気温は25度。
湿度80%前後で、気温のわりに少しひんやりとした1日でした。

地域の空模様で表されないような局地的な雨が何度か降りました。
週末以降晴れ間の見られる予報が出てますが、果してどうなのでしょうか?

涼しいほうが藍瑠さんを遊ばせるにしてもトレーニングするにしても都合は良いんですけどね。

さて、藍瑠さんがフットヘルスボールに前肢をのせていますが、フィットネスが目的ではありませんw
体重計にのってもらうために一段高い場所に前肢をのせるというトレーニングをしたので、そのサイズを小さくしていった結果です。
ただし、ボールの位置がマットの反対側にあるとのれないなどキューの理解としてはまだまだです。
今後のトレーニングに期待しましょう。

犬のフィットネスについてですが、犬と人とのアクティビティやコミュニケーションといった視点では大いに意味があるように感じます。
キューによって何かをさせるというトレーニングにもなりますしね。
個人的には、前肢・後肢、あるいは軸を意識して動いてもらうという点に意味を見出しています。

余談になりますが、体幹を含めて筋力アップを考えるならば、不整地を走らせるのがもっともシンプルに感じます。
川・湖・海などの水遊びは敷居が低いとは言えないのでね。
仮に競技であれば競技の動作をさせること以上の筋力トレーニングはないでしょう。
同時に、犬に負荷をかけることによって生じるウィークポイントはきちんとフィジカルケアをしていく必要があるでしょう。
犬の自然な動き以外の筋力トレーニングが果して犬本来の動きに対してポジティブな結果になるのかは、将来の経験則的な蓄積に大いに期待したいところです。